派遣社員もキャッシングでお金が借りれます

派遣社員だからキャッシングに申し込んでも、どうせ審査に通らないだろうと思っている人は少なくないでしょう。

 

しかし、これは単なる思い込みでしかないのです。

 

派遣社員だからといって、審査に通りにくいということはありません。

 

実際、キャッシング会社に申し込んだ多くの派遣社員の人たちがキャッシングを利用しています。

 

ですから、派遣社員だからといって申し込みをためらう必要はないのです。

 

キャッシングの申し込み条件は、

 

・年齢条件

 

・安定した収入がある

 

の2点です。

 

つまり、この2つの条件さえクリアしていれば、派遣社員もキャッシング審査を通過する可能性を持っているというわけです。

 

派遣社員といっても派遣形態はさまざまなものがありますが、一年を通して勤務して、定期的な収入さえ得ることができれば十分審査も通過することができるのです。

キャッシング審査の合否は職業だけで判断されない

派遣社員の方のキャッシング申し込みでよく聞くのが、

 

「自分は定職に就いた正社員じゃないから審査に通るのは難しいだろう」

 

という話です。

 

もちろんキャッシングなんて洒落た名称が付いてはいますが、その実は借金ですから、社会的評価がどうしても低く考えられてしまう非正規労働者がそう思ってしまうのは仕方のないことかもしれません。

 

しかし、雇用状態が審査に通らないほどの影響を及ぼすと考えるのは大きな間違いなのです。

 

キャッシングの審査は、申し込み者のいろいろな条件を総合的に考慮して合否の判断を行います。

 

確かに、雇用状態が審査に全く影響しないとは言えませんが、最終的な合否は総合評価によって判断されるので雇用状態だけで審査に落ちてしまうということはありません。

 

申し込み時には、

 

・氏名

 

・性別

 

・年齢

 

・勤務先

 

・勤務年数

 

・年収

 

・借り入れ件数

 

・借り入れ総額

 

などの基本的な個人情報の他にも、

 

・住宅状況(持ち家か、賃貸か)

 

・家庭用電話番号の有無

 

・家族構成

 

・保険証の種類

 

など、さまざまな個人情報をが求められます。

 

求められる個人情報については、各キャッシング会社によって若干の差はありますが、これら情報すべてを審査して最終的な判断が下されるのです。

 

現在、大手のキャッシング会社ではポイント制審査が導入されています。

 

このポイント制審査とは、各個人情報にランクを付け、そのランクによってポイントを振り分け、そのポイントの総合点で審査の合否を判断する方法です。

 

勤務先ならば、

 

非正規社員 → 個人事業主 → 中小企業 → 大企業

 

というようにランク付けが行われ、ランクが上がるごとに高いポイントが付けられています。

 

これらポイント付された各個人情報のポイントを合計して、その点数が各キャッシング会社が審査基準としている点数を上回れば審査に通過できるというわけです。

 

ですから、雇用条件が非正規社員である派遣社員であったとしても、それは数多くある審査対象の一つであって、他の個人情報のポイントに問題がなければ審査基準をクリアすることは可能です。

 

もちろん、申し込み条件にある安定した収入がなければ審査を通過することはできませんが、安定した収入がありさえすれば雇用形態はなんであっても、なんら問題はないということなのです。

 

キャッシング会社の審査はどんなことをしているのかを知らない人が多いために、「正社員じゃないから無理だろう」というような考えをしてしまうのでしょうが、雇用状態一つで審査に落ちてしまうようなことはないということをシッカリと把握しておいてくださいね。